心が折れやすい原因

診察

完璧を追求する性格

現在は、従来に比べると、執着気質によってうつ病を患わす人が増えています。その執着気質の要因は様々ですが、その一つとして、子供時代の教育のあり方が挙げられるでしょう。教育機関の中には、生産性が低い文化的な力よりも、理系的な力に力を注ぎ込んでいる傾向があります。理系的な内容の多くは、予め答えが用意されているものであり、その答えを解き明かす力でもあるでしょう。ただし実際の社会は、完璧な答えなどは無く、文系的な価値に評価を置く場合もあるはずです。文化的な意外な内容には、周りを惹きつける力もあるでしょう。理系的な考えを持つ完璧を求める執着気質は、学生時代に評価を受けたものが、社会で評価を受けにくくなり、自分の存在感を失いやすく、生きる希望を失ってしまう場合もあるのです。本来の教育は、理系的な内容と文系的な内容のバランスが大切でしょう。人の心理には、何度も刺激を受けると物事の価値観が高まる仕組みがあります。完璧主義の執着気質は、完璧に対して意識が高まり過ぎる場合もあるでしょう。その結果、周りとの価値観にズレが生じ、周りからの評価が受けられない姿も現れやすく、自らの存在に失望を感じてしまう場合も起きやすくなります。執着気質によくある話としては、自らの個性を失ってしまう事実に気づき、本来の欲求を満たされていない気持ちに気づく内容です。例えば、子供時代、学業などで親の欲求に従う中で生活を送られ、それは、親の言いなりになっていたと思われる気持ちです。本来、自分が生きたい生き方ではなく、親の分身しとも考えやすくなり、親に不満を感じる場合も現れやすくなります。前向きな気持ちが持てなくなり、うつ状態を引き起こす場合もあるのです。執着気質は、1つの達成感に意識が高まりやすい傾向にあります。失敗に対しての経験も少なく、実際の失敗に対しての対応に戸惑いを感じやすくもなるでしょう。人から批判される姿に過敏に反応しやすくもなり、些細な指摘に心が傷ついてしまう場合もあるのです。特にこの傾向は、高学歴者に現れやすく、うつになるリスクについて考えなければなりません。この性格は、自分に意識が高まりやすい特徴もあります。潜在的に言えば、周りからの信頼感も失いやすく、本来求めている信頼感をも得られない可能性が高いはずです。人は、1人で生きている訳ではありません。自分の足りない要素は、他者が補ってくれる場合もあり、他者の存在価値についても気づきが必要です。

Copyright© 2018 うつ病は執着気質だと発症しやすい【頑張り過ぎて体調を崩す】 All Rights Reserved.