うつになりやすい性格です

看護師

医師に相談してみましょう

執着気質とは非常に几帳面で責任感が強く完璧主義である性格のことですが、このような気質はうつの病前性格とも言われうつ病になる可能性が高いと考えられます。この場合には自分の努力が認められなかったり、思うような結果が出ないようなときには非常に落ち込みやすくなります。また、自分だけでなく他人に対しても厳しい面があり、例えばルール違反を行うような人は絶対に許さなかったりします。さらに執着気質の場合は常に努力するタイプなので、勤めているところからは重宝がられたりしますが、頑張り過ぎて体調を崩すこともあるでしょう。そしてそのようなときには不眠や食欲不振などが生じやすくなり、健康的な生活が行いにくくなるため仕事を休まなくてはならなくなることもあります。なおうつ病になりやすい性格としては「メランコリー緩和型性格」というものもあり、こちらの方も執着気質と似た几帳面な性格と言えます。ただ同じような部分が多いとは言っても、執着気質の方は熱中性が高いのでその点でこちらの性格との違いが分かるはずです。執着気質の場合は、そのままにしておくと心身の辛さを引き起こしうつ病になってしまう可能性があります。ですから自分のやることの結果を気にしすぎるようなときには、この気質の特徴を調べて自分の場合に当てはまるかどうかを考えてみることをお勧めします。そしてその可能性が高いと思った場合には、自分で考えるだけでなく精神科や心療内科などの医師に相談してみた方が良いでしょう。この性格の場合にはがんばり過ぎるやり方が当たりまえになってしまっているので、これを変えるためには休養をとることも大切です。さらに落ち込みなどのうつ病の症状が出ている場合には、その治療が必要なので抗うつ剤を使うような薬物療法や行為を変えるための精神療法などを行うことになります。このような治療をしっかりと受けるようにすると、うつ病が重くなることを避けると同時に再発防止が可能になるのでその点でも病院に行ってみるとプラスになるはずです。また、執着気質で薬を飲む場合には症状がいくらか良くなっても薬を飲むのを止めると再発することがあるので、自分で飲むのを止めたりしないことも大切と言えます。

心が折れやすい原因

診察

現在は、答えが必ず存在する理系的な教育の力によって、執着気質の人々が増えています。社会には、絶対的な答えは無く、うつ状態を引き起こしやすくあるでしょう。執着気質は、自身に意識が高まりやすく、周りが見えなくなる恐れもあります。

詳しく見る

自分を知ることが肝心

悩む女性

執着気質を持つ人は、うつ病になりやすいと言われています。そのような気質を自覚できる人は、少しでも心の状態が思わしくないと感じたら専門の医療機関へ相談するのが無難です。認知行動療法などの精神療法を受けることで改善させることが期待できます。

詳しく見る

知っておくことが大切とは

看護師と患者

執着気質の治療をする際は、様々な点を考慮することが大事です。どんなクリニックなのかを調べておくことが必要となります。事前に予約をすることが必要となっているクリニックや医療機関がほとんどとなっています。

詳しく見る

真面目で仕事熱心な性格

診察

執着気質の人は真面目で仕事熱心で、几帳面な性格の人が多いため、職場や学校でも信頼されている人が多いです。精神的なストレスを感じやすいため、オーバーワークが続いているとうつ病を発症することもあります。保険適用の治療が受けられます。

詳しく見る

柔軟な対応が苦手

悩む男性

執着気質など、うつ病の発症に関係している性格傾向のようなものがあります。しかし、あくまでの危険因子の一つです。治療を行う医療機関は、回復までのプランが明確に示せる医師を選んでいくことが大事になります。

詳しく見る

Copyright© 2018 うつ病は執着気質だと発症しやすい【頑張り過ぎて体調を崩す】 All Rights Reserved.